【売り土地】瀬戸内海に浮かぶ無人島ー藍之島 まるごと販売 2億円


不動産販売:瀬戸内海の無人島

瀬戸内海の無人島の販売依頼が来ました。
島の面積が約79000㎡あります。
サバイバルゲームやリゾート開発、ドローンなどの練習場など、いろいろアイデア次第で考えられます。 本土から海上タクシー(ボート)ですぐに行けます。
島のサイズは、500m×200mほどの大きさです。結構大きいですね。無人島で井戸があるそうですので、飲料水の確保ができるようです。
広島県の東広島市にある島

_____________________________

藍島概要
販売価格 200,000,000円
物件場所 広島県東広島市安芸津町三津字藍之島1656番地ほか四十数筆
物件面積 79,149.76m²(23,942.80坪)
物件概要 1960年から70年代に無人島となり、荒れるに任せた状態であ
ったが、1980年代後半、国のリゾート法制定、中国四国各県による瀬
戸内地中海化構想策定を受け、俄かに脚光を浴びた。保養地建設を目
的として複数の事業者がその一括買収を試み、東京の学校法人が研修
施設を計画し取得。その後同学校法人は千葉県勝浦市に研修施設を集
中させたため、当該無人島を売却し、2005年11月、アメリカの法人が
国際研修施設を建設する目的で取得。2007年には、当時約三百以上あ
った筆数を整備し、現在は四十数筆になっている。現在の住所は、東
広島市に編入された安芸津町となっている。1993年には市街地までの
幹線として県道がすでに整備され、加えて2010年春に、呉・東広島道
路と山陽自動車道との接続が完成し、広島空港から藍の島までのアク
セスは車で一時間以内となった。安芸津港から海上タクシーで5分。
様々な離島と比べ、広島空港、山陽自動車道、山陽新幹線(東広島駅)
等、他の都道府県からのアクセス便にも恵まれ、本土に近いため、海
上での移動時間やコストが少なくて済むという利点を有している。ま
た約三千を数える瀬戸内海に浮かぶ島々の中でも、約2万4000坪という
、ある程度の規模を有した無人島であり、島内には井戸があり、飲用
水の確保ができる点も利点の一つ。また頑強なコンクリートの桟橋が
残っており、海上タクシーなどの上下船ができることも特筆すべき利
点と言える。しかし離島であることから、本土での建設に比べ、建設
コストがかさむため、投資金額が増えることを考慮しなくてはならな
いであろう。産業廃棄物施設の建設には、漁業組合が反対することが
予想される。それ以外の施設は、比較的受け入れられやすいと予想さ
れる。